>
>
遺産分割の弁護士費用

遺産分割の弁護士費用

第1 相続バックアッププラン

半年問の遺産相続サポート

10万円(半年間)

その後は1ヶ月ごとに2万円

電話やメールで、弁護士に遺産相続問題の相談をすることができます。まずは、弁護士を介さずに家族間で話し合いをしたいけれど、 必要応じて、弁護士からアドパイスを貰いたいという人におすすめです。

 

第2 遺産分割の交渉・調停・審判

1 着手金
法廷相続分
相当額
(1)
交渉+調停+審判
(2)
即時抗告
遺産の範囲確認訴訟等
(1)(2)に関する調停・訴訟
1000万円未満 30万円 10万円 20万円
1000万円〜
3000万円未満
50万円 20万円 40万円
3000万円以上〜
1億円未満
90万円 30万円 60万円
1億円以上 130万円 40万円 80万円

 ※備考:事件の難易度により、協議させていただく場合があります。 

2 報酬金
取得した遺産相当額 報酬学の計算方法
300万円未満 取得した遺産相続額の16%
300万円以上〜1000万円未満 取得した遺産相続額の10%+18万円
1000万円以上 取得した遺産相続額の5%+58万円

 

第3 遺言書の作成

  着手金
定額的な遺言書の作成(遺産額が3000万円未満) 10万円
定額的な遺言書の作成(遺産額が3000万円以上) 遺産額の0.5%
非定額的な遺言書の作成 10万円+遺言書の0.5%

 ※備考:公正証書にする場合には、5万円を加算させていただきます。

 

第4 遺言執行

遺産額300万円未満の場合 30万円
遺産額300万円〜3000万円未満 遺産額の2%+24万円
遺産額3000万円以上 遺産額の1%+54万円

※備考:特殊な事情がある場合には、依頼者と協議させていただきます。

 

第5 相続人調査

相続人調査費用 5万円

相続人の数に応じて実費が増加します。

 

第6 相続放棄 

相続放棄の弁護士費用 5万円

 

 

 

 

 

 

 

債務整理の弁護士費用

任意整理

   金 額
着手金 1社あたり30000円(税別)
減額報酬 減額できた金額の5%(税別)
過払報酬 回収できた金額の20%(税別)

※備考:別途、切手代等の実費が必要です。

 

個人破産(個人事業主の破産を覗く)

  金 額
着手金

債権者が15社以下の場合:30万0000円(税別)

債権者が16社以上の場合:35万0000円(税別)

通常管財事件の場合は、別途相談。

報 酬 0円(ただし、過払い金が発生したときは、回収できた金額の20%(税別)を頂きます。)

※備考:別途、収入印紙:切手等の実費が必要です。

 

個人事業主の破産

  金 額
着手金

30万円以上(信金の総額、債権者の数など、事案の難易度に応じて相談させていただきます。)

報 酬 0円(ただし、過払い金が発生したときは、回収できた金額の20%(税別)を頂きます。)

※備考:別途、収入印紙:切手等の実費が必要です。

 

法人破産

  金 額
着手金

50万円以上(借金の総額、債権者数等事案の薙易度に応じて相談させていただきます。)基本的には、管財貰用と同額の着手金を頂きます。

報 酬 0円

※備考:別途、収入印紙:切手等の実費が必要です。

 

個人再生(個人事業主は覗く)

  金 額
着手金

住宅資金特別条項無しの場合 40万円(税別)

住宅資金特別条項がある場合 45万円(税別)

報 酬 0円

※備考:別途、収入印紙:切手等の実費が必要です。

 

※債務整理の着手金については、分割払いの相談にも応じさせていただきます。

 

管財費用の目安

負債総額 法人の管財費用 自然人の管財費用
5000万円未満 50万円〜70万円 30万円〜50万円
5000万円以上〜1億円未満 100万円 80万円
1億円以上〜5億円未満 200万円 150万円
5億円以上〜10億円未満 300万円 250万円
10億円以上 400万円 400万円